バジリスク2 ART中・準備中の上乗せ確率

バジリスクの準備中のレア役って無駄引きになるの!?って最初の頃思っていませんでした?
実は準備中のレア役ってART中に引くよりもお得なんです!
また、朧出現時や瞳術チャンス中、真瞳術チャンス中、エンディング中など状況によって上乗せ確率が変化しますので、覚えておきましょう。

そんなバジリスク2の上乗せ確率をご紹介していきます。

スポンサーリンク

バジリスク2 上乗せ確率

バジリスク2 準備中上乗せ確率

子役・レア役 上乗せ確率
確定チェリー 66.66%
強チェリー 66.66%
弱チェリー 3.125%
チャンスリプレイ 12.5%
強MB 25%
強ベル 12.5%

準備中のレア役に関しては、内部的に上乗せしていても75%しか告知は発生しません。25%は告知がないけど内部的には上乗せしているよ。ということですね。
告知はピローンみたいな音が鳴るのは周知の通りですよね。その音が鳴らなかった時も内部的に乗せている可能性はそこそこあるということですので、期待しすぎずに期待していよう。(笑)

 

バジリスク2 ART中上乗せ確率(追想の刻、争忍の刻)

朧非出現時

子役・レア役 上乗せ確率
確定チェリー 50.0%
強チェリー 50.0%
弱チェリー 1.56%
チャンスリプレイ 6.25%
強MB 11.11%
強ベル 4.166%
押し順ベル 0.1%
通常リプレイ 0.1%
弱MB 0.1%

ご覧いただけると分かる通り、強チェリー以外は引いてもほぼ期待できない確率になっています。
たまにリプレイから告知があったりしますが、数値的に見ますとかなり薄い確率ですね。
また、ART中は準備中よりも告知率が高く、80%の確率で告知が発生しますので、告知がなければ乗っている可能性は低くなってしまいます。

 

バジリスク2 ART中上乗せ確率(追想の刻、争忍の刻)

朧出現時

子役・レア役 上乗せ確率
確定チェリー 100.0%
強チェリー 100.0%
弱チェリー 50.0%
チャンスリプレイ 50.0%
強MB 100.0%
強ベル 50.0%
押し順ベル 0.1%
通常リプレイ 0.1%
弱MB 0.1%

朧出現時には、上乗せ確率が桁違いに跳ね上がっています。
ここを上手く使うことができればまずまず伸ばすことができそうです。
メインは強チェリーですが、強MBも100%上乗せですので強MBを引き、次ゲームで強ベルのコンボが特に有効になります。弱役でも50%で上乗せになりますのでどんどん引いていきたいところです。

 

バジリスク2 瞳術チャンス中上乗せ確率

子役・レア役 上乗せ確率
確定チェリー 75.0%
強チェリー 75.0%
弱チェリー 6.25%
チャンスリプレイ 25.0%
強MB 33.33%
強ベル 12.5%
押し順ベル 0.1%
通常リプレイ 0.1%
弱MB 0.1%

また、瞳術チャンス中の上乗せは、内部的に上乗せしていても60%でしか告知されませんので、瞳術チャンス中にレア役をたくさん引いた場合には裏に回っている可能性も高めになります。

 

バジリスク2 真瞳術チャンス中上乗せ確率

子役・レア役 上乗せ確率
確定チェリー 100.0%
強チェリー 100.0%
弱チェリー 100.0%
チャンスリプレイ 100.0%
強MB 100.0%
強ベル 100.0%
押し順ベル 12.5%

真瞳術チャンス中は、レア役であれば100%上乗せ、押し順ベルでも12.5%上乗せという激熱の最強特化ゾーン!
MBでも減算ストップになり、12.5%のベルを2回引けますので何を引いてもとにかく熱い!
平均ストック数は約8個!
真瞳術チャンス中の上乗せは必ず告知が入りますので裏に回ることはありません。

 

バジリスク2 エンディング中上乗せ確率

子役・レア役 上乗せ確率
確定チェリー 3.13%
強チェリー 3.13%
弱チェリー 0.78%
チャンスリプレイ 0.39%
強MB 1.04%
強ベル 0.52%
押し順ベル 0.02%
通常リプレイ 0.02%
弱MB 0.02%

はい。無理ですね。
ARTの通常中などに比べても異常に低すぎます。強チェリー、確定チェリーですら引いたところで全く期待できないほどです。
私自身、バジリスク2でも何度もエンディングを拝ませていただいていますが、エンディング中の上乗せからのART復帰は見たことがありません。
期待せずに流していきましょう。

 

まとめ:バジリスク2 上乗せ確率について

ということで、状態別にご覧いただきましたが、どうでしたでしょう?
思っていた以上の準備中のレア役って重要なんですね。また、エンディング中の上乗せ確率がここまで低いということも驚きではないでしょうか。
特に判別要素になりえるというわけではありませんが、バジリスク2を楽しむという要素として多少なりとも頭に入れておいても良いのではないでしょうか。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ