バジリスク絆 設定判別・設定差!見るべきポイントはここだ!

バジリスク絆の設定狙いはされていますか?

機械割119%overということで現行機種最高峰の機械割を持っています。
私の地域でも設定判別の容易さから宣伝のため最高設定を使う店舗もいくつか存在します。
バジリスク絆の設定判別は難易度も低く、リスクも少ないのでお世話になる機会も多い。
しっかりこの機種の判別方法を頭に叩きこみ大きな期待値を掴んでいきましょう。

バジリスク絆 設定判別方法

最重要チェック項目

補足チェック項目

 

1つずつしっかりと確認していこう!

スポンサーリンク

弦之助BC

弦之助BCでは、設定4以上確定演出、設定6確定演出が存在する。
他の機種に比べて確定演出の出現確率も高めなため、確認必須項目となっているほか、奇遇の判別も容易にできるため設定狙いの際は必ず基本的には弦之助BCで消化していこう。
※例外で朧BCでの消化を推薦する場合もあり。

下記の表が弦之助BCの設定毎の告知タイミングです。

残りベル回数/設定 設定1 設定2 設定3 設定4 設定5 設定6
7回
6回 3.1% 3.1% 4.7%
5回 9.4% 2.1% 9.4% 1.6% 7.8% 3.1%
4回 1.6% 7.0% 1.6% 6.3% 1.6% 3.1%
3回 4.7%
2回 1.6% 7.0% 1.6% 6.3% 1.6% 3.1%
1回 10.9% 2.1% 10.9% 1.6% 9.4% 3.1%
0回(最終) 76.5% 81.8% 76.5% 81.1% 76.5% 78.2%

表を見ていただけると分かると思いますが、
ベルナビ2回目(残りベルナビ6回)での告知は設定4以上確定。
ベルナビ5回目(残りベルナビ3回)での告知は設定6確定。

この告知が出た場合には、終日粘りましょう。
最低ラインの設定4でも機械割106.6%と十分すぎますね。

 

押し順ベル・通常リプレイからのBC当選確率

私が最重要チェック項目の中でも一番重要視するべきポイントがこのポイントだと考えている。
下記の表が状態毎の押し順ベル(ハズレ)・通常リプレイからのBC当選確率です。

通常(低確)  押し順ベル(ハズレ) 通常リプレイ 合算
設定1 1/16,384 1/16,384 1/8,192
設定2 1/16,384 1/16,384 1/8,192
設定3 1/16,384 1/16,384 1/8,192
設定4 1/5,461 1/5,461 1/2,730.5
設定5 1/5,461 1/5,461 1/2,730.5
設定6 1/2,731 1/2,731 1/1,365.5

 

高確 押し順ベル(ハズレ) 通常リプレイ 合算
設定1 1/4,096 1/4,096 1/2,048
設定2 1/4,096 1/4,096 1/2,048
設定3 1/4,096 1/4,096 1/2,048
設定4 1/1,365 1/1,365 1/682.5
設定5 1/1,365 1/1,365 1/682.5
設定6 1/693 1/693 1/346.5

今回は、確率が薄いのでパーセントではなく回転数で見ていきましょう。
上記の表を見ていただけると分かるようにかなり大きな設定差が設けられています。
私が一番重要視しているということがお分かりいただけましたでしょうか?

特に低確状態からのBCが複数確認できるとかなり強い根拠となりえます。
それほど設定1~3と設定4~6には大きな設定差がありますのでしっかりと頭に入れておきましょう。

また、基準としては通常時を2,000G回しても低確中、高確中ともに押し順ベル(ハズレ)や通常リプレイからの当選がなく、他に強い要素もなかった場合は見切りのタイミングと覚えておきましょう。
できれば1,000ゲーム以内に低確or高確での押し順ベル(ハズレ)や通常リプレイからの当選を最低でも1度は確認したいところです。

※超高中の当選確率は全設定共通ですので、状態の把握をしっかりとしていきましょう。

 

AT非当選時のBC入賞時LED色

BC当選時、図柄を揃える際に筐体上部のLEDが光りますよね。AT非当選のBCを揃えた時のLED色にも大きな設定差が設けられていることをご存じでしたか?
下記の表が設定毎の振り分けになります。

 LED色 設定1 設定2 設定3 設定4 設定5 設定6
37.3% 37.3% 37.3% 36.5% 36.5% 36.5%
31.3% 31.3% 31.3% 31.3% 31.3% 31.3%
25.0% 25.0% 25.0% 25.0% 25.0% 25.0%
6.2% 6.2% 6.2% 6.2% 6.2% 6.2%
0.2% 0.2% 0.2% 1.0% 1.0% 1.0%

上記の表を見ていただくとAT非当選時のBCでLED色が赤に発光した場合、設定1~3と設定4~6で5倍もの設定差があることにお気づきになりましたか?
たしかに分母は結構大きいのですが、1度でも確認できると大きいのはたしかです。
あまり気にする必要がないという打ち手も多いですが、私は今でも地域性が良く最高設定を打つ機会が多々ありますが、やはりエナ稼働でバジリスク絆を打っている時よりも設定狙いで打っている時の方が圧倒的に出現回数は多いです。
私もバジリスク絆は設定狙いの収支だけでも+1,500k以上稼がせていただいてる機種なのでLED色もかなり重要な設定判別要素だと断言できます。

 

チャンス目からのモード昇格率

ここはなかなか判断の難しい部分でもあるのですが、設定毎にそこそこ大きな設定差が設けられています。
私も設定狙いの際には必ずチェックする重要な要素です。
下記の表が設定毎のチャンス目からのモード昇格率です。

設定 モード昇格率
設定1 33.33%
設定2 34.48%
設定3 35.71%
設定4 40.00%
設定5 43.48%
設定6 50.00%

これはなかなか判断の難しい部分があるのですが、最初に弦之助BCの説明のときに例外で朧BCで消化を推薦する場合があるとお話したと思います。それがこのチャンス目からのモード昇格率を調べるためなんです。
基本、ATに当選していそうな場合は弦之助BCで消化が必須ですが、ほぼモードAかモードBに滞在していて低確からのBC当選などATにほぼ当選していないであろうBCは朧で消化していきます。
例えば朧BCで半月だった場合、次回モードC以上確定ですよね?
そのモードC確定状態でチャンス目を3発引いても次回のBCでATに当選していなかった場合、チャンス目で1つもモードが上がらなかったと判断できます。最高設定だと50%でモードが上がりますのでこういった場合には不安材料となります。設定1でも1/3で昇格しますので過信はできませんが大きな判断材料になりますね。

ここも私の中では最重要チェック項目です。

詳細なモード昇格率について『バジリスク絆 チャンス目からのモード昇格率とチャンス目の確率』こちらの記事で紹介あります。

 

AT当選確率

ここのメインは奇遇の判別です。BCの当選色でもある程度判断はできますが、こちらの方が大きく奇遇で差がありますので頭に入れておきましょう。

モードA滞在時
設定 通常(低確) 高確 超高確
設定1 1.04% 6.25% 8.33%
設定2 2.50% 10.00% 12.50%
設定3 1.39% 8.33% 10.00%
設定4 3.13% 12.50% 15.00%
設定5 1.39% 8.33% 10.00%
設定6 4.17% 13.33% 16.67%

 

モードB滞在時
設定 通常(低確) 高確 超高確
設定1 2.08% 12.50% 16.67%
設定2 5.00% 22.22% 28.57%
設定3 2.78% 16.67% 20.00%
設定4 6.25% 25.00% 30.00%
設定5 2.78% 16.67% 20.00%
設定6 8.33% 26.67% 33.33%

 

モードC滞在時
設定 通常(低確) 高確 超高確
設定1 4.17% 33.33% 40.00%
設定2 10.00% 44.45% 57.14%
設定3 5.55% 33.33% 40.00%
設定4 12.50% 50.00% 60.00%
設定5 5.55% 33.33% 40.00%
設定6 16.67% 53.33% 66.67%

上記の表を見れば奇遇でかなり差があることがご理解いただけると思います。
偶数はAT当選率が優遇されており、モードBでも高確以上での当選だとまずまず期待できます。
設定4、設定6だとモードCだと高確以上の当選だと50%以上でATに当選しますのでここにも目を向けておきましょう。

 

AT継続率振り分け

ここは見ていない方が多い項目だと思います。
しかし、意外と大きな設定差があるんです。
下記の表が設定毎のモードA~D滞在時の継続率振り分けです。モードEは全設定共通で50%以上の振り分けになります。

ループ率 設定1 設定2 設定3 設定4 設定5 設定6
25%ループ 90.36% 85.96% 77.90%
33%ループ 91.18% 89.06% 82.29%
50%ループ 5.00% 7.69% 6.25% 11.11% 8.33% 14.29%
66%ループ 2.78% 1.56% 3.13% 2.34% 6.25% 6.25%
80%ループ 1.04% 0.39% 1.56% 0.59% 3.13% 1.56%

やはり高設定の方が50%ループ以上の確率が多いです。低設定でも奇数は少しループ率が優遇されています。これに合わせて前述したチャンス目からのモード昇格率も違いますのでモードEにも高設定ほど移行しやすく、50%ループ以上の選択率が高設定ほどかなり高くなります。ですので他の要素だけでは設定4と設定6で判断できず、ATがなかなか伸びない場合には設定4の可能性が高くなることになります。

 

BC当選比率

ここは主に奇遇の判別です。
下記の表が設定毎のBC色比率です。

設定 赤頭BC 青頭BC
設定1 50% 50%
設定2 60% 40%
設定3 40% 60%
設定4 60% 40%
設定5 40% 60%
設定6 60% 40%

偶数は赤頭BC、奇数は青頭BCの確率が高く、設定1のみ同じ確率になっています。

設定狙いをしょっちゅうしていると感じるのが、他示唆が偶数寄りなのにBCは青頭が多かったり、完全に青頭BCばかりだったのが気づけば赤頭BCに寄っていたりとあまり気にする必要はない気もしますが、カウントはしっかりしておきましょう。

 

弱チェリー確率

弱チェリーに設定差があることはご存知ですよね。
下記の表が設定毎の弱チェリー確率です。

設定 弱チェリー確率
設定1 1/44.4
設定2 1/44.3
設定3 1/42.4
設定4 1/41.4
設定5 1/40.5
設定6 1/39.7

弱チェリー確率には段階的な設定差がついています。
そこまで大きな差ではないのでぶれやすいですが、参考程度には必ずカウントしていきましょう。
1日単位だとある程度は収束してきます。
弱チェリーをカウントする際にはユニメモを活用しましょう。
BC中など自分で数えるとゲーム数カウンターなどとゲーム数のずれが生じますのでユニメモを活用してしっかりと確認していきましょう。
あくまでもヤメ時に高低を見る参考程度とし、弱チェリーのみに頼った押し引きはしないようにしてください。

 

高確中の巻物からのBC当選確率

高確時、限定ではありますが巻物からのBC当選確率に設定差があります。
下記の表が高確中の巻物からのBC当選確率です。

設定 巻物からのBC当選確率
設定1 40.0%
設定2 40.0%
設定3 40.0%
設定4 40.0%
設定5 40.0%
設定6 47.6%

設定6だけ飛び出ていますね。
設定4や設定5がメインの地域では使えませんが、私の地域では設定6を使ってくれる店舗も多々ありますのである程度確認しています。
高確限定ですので状態把握必須なので慣れない方には難しい部分だと思います。
この項目に関してはカウントしなくても問題ないと思いますが、上級者の方で余裕のある方はしっかりカウントしていきましょう。

 

まとめ:バジリスク絆 設定判別について

最重要チェック項目である程度判別しつつ、補足チェック項目もしっかり見ていき単体では見ずに全体を見ていきましょう。
この辺は設定狙いをする上では当たり前のことですけど。
やはり一番重要視するべきなのは弦之助BCでの設定示唆と押し順ベル(ハズレ)・通常リプレイからのBC当選確率です。ここをしっかり見ましょう。
他の要素が多少悪くても超高以外からの押し順ベル(ハズレ)・通常リプレイからのBC当選が1,000ゲームで複数回確認できればかなり粘れます。
他要素もしっかり設定判別しつつ最高峰の機械割を十二分に味わっていきましょう。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ